大分空港の空港案内

ena(イーナ)による大分空港ガイド。基本データ、運行スケジュール、交通アクセス、周辺観光、格安航空券情報など。

  • 大分空港について

    大分の空港の歴史として、旧大分空港は、旧大分海軍航空隊基地として1938年に大分市内に開設された。第二次世界大戦後はアメリカ軍により使用されていたが、1956年に返還された。その後整備され、1957年に国内線の空港として供用が開始された。
    しかし市街地に近く、また滑走路の両端を川に挟まれているために延伸することが不可能であったことにより、新空港の建設が検討されるようになり、1968年に国東市での建設が決定。1971年に「新大分空港」として完成した。当初は全日空(ANA)と東亜国内航空(TDA)による、東京・名古屋・大阪・高松・福岡・鹿児島間の定期便でスタート。また大分市内と大分空港を結ぶホーバークラフトも就航した。
    その後香港やシンガポールへのチャーター便も就航し、1992年4月には初の国際定期便として大韓航空のソウル線が開設された。
    ホーバークラフトは2009年に運休となったが、バスなどで大分空港にアクセスすることができる。
    マスコットキャラクターはペンギンのマーシャルくん。

  • 大分空港の基本情報

    正式空港名
    大分空港
    英語名
    Oita Airport
    通称
    大分空港
    IATA 3レターコード
    OIT
    ICAO 4レターコード
    RJFO
    位置
    大分県国東市
    駅名
    JR日豊本線 杵築(きつき)駅。空港~杵築(きつき)駅は車で約30分
    就航航空会社
  • 大分空港 アクセス

  • 大分空港 レンタカー

  • 大分空港 駐車場

  • 大分空港 お土産

  • 大分空港 ラウンジ

大分空港出発のおすすめ航空券

大分空港出発のおすすめ航空券をご紹介致します。

国内航空券検索

  • 出発日
  • 年 / 月 / 日
  • 検索結果の表示価格は片道料金になります。

大分空港の周辺地図

九州の空港